ご挨拶

開院挨拶

『医学が変わる、医療を変える』
メディケア病院が実践します。

70有余年の歴史ある片山病院は、2017年12月1日から、江戸川病院グループ入りを契機に、江戸川メディケア病院として新発足しました。
地域住人の方々に、『最適な最新医療と最善のおもてなし』を提供する事で、当院を選んで良かったと思って頂けるような、病院を目指して参ります。
新病院は、改築・組織変更を進める事で、2018年3月から、電子カルテシステムと最新鋭の画像機器(64列CT)と検査機器(至急採血検査システム、新規エコー機)を導入する事で、外来機能を高めます。5月には、リハビリセンターの開設の伴い、同時に栄養指導・栄養療法を強化する事で、入院中の嚥下・運動のリハビリ機能を強化します。7月には、透析センター(25床)を新規に設置。9月には、在宅訪問診療部門を立ち上げる予定です。またこの間、老朽化が進んでいる結核病棟(50床)は、逐次内装等の改築を進めていきます。
2019年7月には、当院の敷地内に、新外来棟(1階)、回復期リハビリテーション病棟(2階)、HCU4床を含む地域包括病棟(3階)、がん緩和病棟(4階)を含む4階建ての新病棟を竣工する予定となっております(新棟イメージ図参照)。新外来棟の1階の外来システムは、総合内科、消化器科、整形外科の3つの診察科を5つの診察室にて運営する予定です。また検査機械(CT、MRI、エコー、迅速採血検体結果システム)と、院内薬局の運営により、受診から、検査・診察・薬の受け取り・支払いまでの迅速化を図ります。また地域救急に対応するため、救急センター(4床)を擁し、3階のHCU(4床)を連動する事で、機動的な救急対応を致します。
当院の新たな役割として、自宅復帰を目指した医療を、入院の段階から押し進めるために、迅速な救急車の受け入れ、また地域の一般開業医先生や在宅開業医先生からの入院要請を速やかに受けれ、それぞれの機能病床に於けるリハビリを行う事で、もとの状態に戻すための医療を提供していく所存です。
今後、江戸川メディケア病院は、これまでの旧片山病院の伝統である、慶應義塾大学内科(循環器教室、呼吸器教室、腎臓内分泌代謝教室)と、東京女子医科大学消化器外科教室との医師派遣の交流に加えて、今回新たに江戸川病院グループに一員入りする事で、急性期病院である江戸川病院との連携の中で、江戸川区の地域医療の新しい要として、また東京都内の数少なくなった結核病床を維持することで、その社会使命を果たしていきます。

院長挨拶

只今準備中です。