社会福祉法人 仁生社         

江戸川メディケア病院

放射線科

放射線科

放射線科について

放射線科では一般X線装置を始め、X線CT装置(64列)、MRI装置(1.5T)により最良の画像診断情報を各診療部門に提供しています。
さらに江戸川病院放射線科医師による電子媒体を利用した遠隔読影により、精度の高い画像診断を行っています。
またPACSという画像保存システムの導入により、以前より更に画像データの安全な管理が可能になりました。

医療用画像管理システム(PACS)とは

撮影室で撮影したレントゲンやCT、MRIといった画像撮影装置からデジタルデータを受診し、保存・転送・参照することを目的としたシステムです。
今まではフィルム診断をしていましたが、PACSを導入することによりフィルム運搬や保管に伴う待ち時間の短縮や、撮影された画像の濃度やコントラストを診察室パソコンで調整が可能となりました。

主な放射線関連機器

  • MRI装置 1台(1.5T GE社製)
  • X線CT装置 1台(64列 GE社製)
  • 16列コンテナCT 1台(FUJIFILM社製)
  • 一般撮影装置 3台(Canon社製)
  • X線テレビ装置 2台(Canon製)
  • 乳房用X線撮影装置 1台(FUJIFILM社製)
  • 外科用イメージX線装置 1台(GE社製)
  • ポータブルX線撮影装置 2台(FUJIFILM社製・日立メディコ社製)

一般撮影装置

一般撮影装置

X線CT装置(64列)

お風X線CT装置(64列)

MRA装置(1.5T)

MRA装置(1.5T)

放射線科スタッフ

2022年8月現在

男性技師:4 名 女性技師:4名

看護画像診断サービスのご案内(委託検査)方式

委託検査とは、当院の医師による診察なしに、かかりつけ医の先生から『検査のみ』をご依頼いただく仕組みです。
当院ではCT・MRIの撮影依頼をお受けしております。

CT
MRI

ご予約の流れ

予約の流れ

料金表

料金表